トップページ

Xperia Z2 SO-03Fまとめwikiにようこそ!

Xperia Z2 SO-03Fまとめwikiはdocomoから発売中のSONY Xperia Z2 SO-03F についてのまとめwikiになります。
誰でも編集可能となっておりますので是非皆様からの情報お待ちしています!

images 11.jpg





過去スレ












みんなのレビュー



Xperia Z2 SO-03Fカメラ機能がいいですね!

前機種 SH-09Dからの機種変更なので、それとの比較になります。

【デザイン】xperiaって、すぐにわかるのでとても気にいってます。

【携帯性】最初は大きいなぁと思いましたが、ぜん
ぜん気にならなくなりました。

【ボタン操作】ものすごく反応が良いのですが、最
近手が濡れてると、暴走します。

【文字変換】poboxでも十分です。

【レスポンス】自分では、ヌルサクだと思います。

【メニュー】普通ですね。 細かい設定がしたいので
novaに変えました。

【画面表示】すごく綺麗です。自然な感じの色合い
なので、自分には合っています。

【通話音質】皆さんがおっしゃっている、ノイズや
通話中の途切れはありますが、前の機
種より聞き取りやすいです。
ただアップデート後にビデオ通話ボタ
ンを通話中に押してしまうため、違う
位置に変えてほしいです。

【呼出音・音楽】さすがSONYですね。
ステレオスピーカーはビックリし
ました。
クリアな音のため、呼び出し音が
聞こえづらいです。

【バッテリー】自分の使い方だと、2日持ちます。
大体、通話30分 FB IGを1時間 イン ターネット 30分くらいです。
【総評】最初はバッテリーの持ちがとてもよくて感
動しました。
前の機種でカメラをあまり使用しなかった
のですが、この機種に替えてからカメラ機
能がたくさんあり、とても撮るのが楽しく
なりました。正直コンデジよりいいです。
カメラ機能や音楽を重視する方には、すご
くオススメだと思います。

国産覚醒ですね ( htc jからMNP )

【デザイン】
いいですねー。Xperia Z2 SO-03FSONYらしく尖ってますね。
アイデンティティが感じられて良いです。

【携帯性】
まー、やっぱでかいです正直。
ただこの薄さ程よい軽さは○

【ボタン操作】
なんの問題もなし、質感がたまらんです。
あとSHのマジックグリップに引かれる部分もありましたがケースにはめると微妙なんですよね、これも嬉しい誤算なんですがこの機種でもスリープ画面からダブルタップでロック画面に起動する設定がありました。使えます!

【文字変換】
POBox、良いです。
エイトックいらんですね、これなら。

【レスポンス】
全く問題なし。

【メニュー】
美しく、機能的

【画面表示】
これはマジ感動しましたね。
フルセグ見た時とかもまぁびっくりです。
フルセグはSHだけだと思ってた為嬉しい誤算でした。
【通話音質】
書き込み見て心配してましたが、今のところ問題なし、前より全然良いです。

【呼出音・音楽】
前は最大でも音が小さい、あと裏スピーカーに不満ありました。全部解決の上ステレオになり想定以上。

【バッテリー】
かなり良くなりましたねー、これだけはSHに勝てないみたいだけど充分な持ち具合。

【総評】
SHと迷ってましたが、カメラ結構大事にする方なので評判を見てこちらにしました、カメラにもかなり満足!その上でhtc jのカメラは素晴らしかったんだなと改めて思うところもありましたが。
他にも大体の所(電池持ち、背面強度以外)はこちらの方がよさそうでしたので。
前回htc jもかなり気に入ってましたが気持ちよくグレードアップできて感謝です。

あと迷ってる方へ、これだけ理不尽&八つ当たり的な星一つを付けられてますが
(だって落とした、ぶつけた、ケツポケに入れてた等、過失含みの破損への恨みとか、機能的に概ね満足とか言いながらの星一つとか意味わかりません)
壊しちゃった悔しさは分かりますけど、これだけの完成度で星一つはあり得ないですよ。どんだけ凄いスペックを求めてるのでしょうか。
大型画面、薄型、デザインを突き詰めて多少強度がトレードオフされてる所はあるとは思いますけどね。

背面ガラス割れが心配な使い方をする人と (ケースに入れないとか、尻ポケットに入れていたいとか)、どうしても面積が大き過ぎると思う人(慣れますけどね)
はやめといたほうがいいかもですね。

レビューの平均点よりもレビューの多さ、クチコミの多さがこの機種の人気を物語っています。クレームやアンチ書き込みも人気や完成度の高さの裏返しだと思っていいのでは。

スペック的にも、実際使っても最上位間違いないです。

そしてなによりXperia Z2 SO-03F持つ喜びのあるスマートフォンです
♪ヽ(´▽`)/

iPhone5から

iPhone5からXperia Z2 SO-03F乗り換えです。
まず最初に言っておきたいことは買って8日で軽くテーブルに背面をぶつけたところ割れてしまいました。
私の過失ですがあまりにも耐久性が無さ過ぎですね
5を長く使う間には10回以上コンクリの上に落下しましたが割れませんでした。傷はつきましたけどね。
これは運が悪かったでは片付けられないかと思います。
デザインはiPhoneには及ばないもののAndroidの中では一択ですね
携帯性は言わずもがなです。
レスポンスはAndroidではよいのかもしれませんがiPhoneにはまだ追いつきませんね
画面はiPhoneの小さい画面が嫌でこちらにしたので概ね満足しております。しかし大画面は良いのですが精細度は若干iPhoneが上かと思います
通話音質は悪いです

総評
恐らくiPhone6が出たら替えると思います
いいなと思う所は所々あるのですが完成度ではiPhoneにはまだ遠く及ばないですね
何より耐久性をあげてほしいものです


Xperia Z2 SO-03Fカメラが綺麗!

P-02Eからの機種変更です。Xperia Z2 SO-03F

【デザイン】美しいですね。 真っ先に目に付いたのが白だったので白を購入しましたが凄く綺麗です。

【携帯性】大きくて最初は戸惑ってましたが、直ぐに慣れました。

【ボタン操作】使い易いです。

【文字変換】iWnn IMEからPOBox Plusなのでどうかな?と思ってましたが、すんなり使えました。

【レスポンス】サクサク感動ものですね。

【メニュー】docomo LIVE UXを使ってますが、直ぐにニュースを見れる所がいいです。 それと最近老眼が辛くなってきてるので、目が疲れてあまり操作したくない時はシンプルホームにしてます。

【画面表示】凄く綺麗です。

【通話音質】皆さんの書き込みを見て多少心配しましたが、普通に聞こえてます。

【呼出音・音楽】着信音はいい音で、ずっと聞いてたくなります。 ウォークマンは最高ですね。

【バッテリー】結構持ちますね。 web観覧、LINE、写真撮影(多い時で50枚位)で半日ちょこちょこ使ってもまだまだ余力が残ってます。 普通に1日は軽く持ちますね。

【総評】今まで使っていたP-02Eを弟がDIGAと連動させたい為、譲ってほしいとの事で今回SO-03Fに機種変更しました。
P-02Eのカメラが凄く素晴らしくコンデジ並に綺麗に撮れてたので、それ以下にはしたくありませんでした。
ショップでSO-03Fの他にSH-04FとF-05Fと色々試し撮りをしてみましたが、SO-03Fだけは格段に綺麗でした。
普通にスマホとして使いたいのであればもう少しバッテリーが持つSH-04FとF-05Fの方がいいのかも知れませんが、綺麗な写真を撮りたい、いい音が聞きたい、色々遊んでみたいと思ってるのでしたらSO-03Fを絶対にお勧め出来ます。

やっぱりスマホはxperia一択!

acroHDからの買い替えです。
前機種も本当に名機で、不満はなかったのですが、FOMA端末ですし、
8月から新プランしか選べなくなるため、機種変しました。

【デザイン】
両面ガラスなので、とても美しいです。
高級感の感じられるデザインです。
ただ、xperiaならではの紫は、この機種では少し下品な色合いになってしまったのが残念。
そのため黒を選択しました。
角度によって、ネイビーっぽくもなり、とてもきれいです。

【携帯性】
女性が持つには少し大きいですが、なれれば大丈夫!
シャープのzetaと悩みましたが、あちらは横幅が広い分、持ちにくさも増します。
Z2は、幅がスリムなので、女性にも持ちやすい形です。

【ボタン操作】
カメラ独立ボタンが便利。
また、起動がダブルタップでできるのは、非常に良い点です。

【文字変換】
特に不便を感じません。
xperiaからの乗り換えだからかもしれませんが・・・。

【レスポンス】
メモリに大変余裕があり、サクサクです。

【メニュー】
購入前は、メニューボタンが右上固定かと思っていて、
あまりにも遠い・・・と思っていたけど、使用するアプリにより、
右下にきたり右上にきたりするし、慣れればあまり不便を感じませんでした。
また、xperiaホームが最高です☆

【画面表示】
Xperia Z2 SO-03Fとてもきれい。

【通話音質】
VOLTEに対応して以来、ますます音質がクリアになりました。

【呼出音・音楽】
音楽を聴くならxperia!
ウォークマンも使用していて、買い替えを検討していたのですが、
スマホのほうがいい音なので、ウォークマンの買い替えは辞めました。

【バッテリー】
使い方にもよると思いますが、2日は余裕でもちます。

【総評】
最後まで、シャープと悩んでいましたが、やはりスマホはXPERIAです。
動きはサクサク快適ですし、電池もちもよく、モバブーの出番が全くなくなりました。
何より、両面がガラスでとても美しいです。
また、新機種は急速充電2にも対応していて、電池が大きくなっても充電時間は以前のままです。
とても便利なのでおすすめです。

史上最高機種Xperia Z2 SO-03F

【デザイン】
言うまでもなく大きくて美しい。機能的である。
【携帯性】
軽くて薄いため携帯性は良い。
【ボタン操作】
バッチリ
【文字変換】
頭が良い
【レスポンス】
速い
【メニュー】
分かりやすい
【画面表示】
美しい。最高の画質。
【通話音質】
アップデート後は問題なし。聞き取りやすい。
【呼出音・音楽】
さすがにSONYの本領発揮
【バッテリー】
軽く一日持ちます。

【総評】
SONYが国内メーカーで良かったです。ウォークマンもゲームもエクスペディアでしましょう。アンテナ最強ですし、カメラも最強でお金を払う価値があるスマートフォンです。安物で我慢する必要はありません。思う存分、機能を使い倒すべきです。もうiPhoneは要りませんし、全く使えないGALAXYは見たくもありませんね。
また、トンスルメーカーからの乗り換えで、通信速度が三倍以上になったため、パケット通信量も三倍になっております。

常にランキング上位の割に

【デザイン】
見てくれは夏モデルの中では一番キレイだけど、大きくて角が手のひらにあたって痛い。薄すぎるのか手の中で安定しない
【携帯性】
やっぱり大きいなぁ
【ボタン操作】
電源とか場所がなんでこここなの?って場所にある
【文字変換】
今までATOKとかSHARPの使った中で一番賢くない。例えばメールアドレスを打ち込む「abc123@ドコモ」何度も同じアドレス入れても学習能力が低いのか、そういう仕様なのか分からないが
abc←ここまではaだけでabcが予測変換候補に出るのだが、123が出ない。1を押しても123と出ずかなりイライラ
仕方ないのでよく使う配列はユーザー辞書に入れたがこんなのは初めて。

それと、フリック入力で速度を上げた設定しても、手の動きに入力補助がついてこれない

これも富士通、SHARPにはなかったのでストレス
ずっとAndroid4.2で起きていた不具合のブラウザからのWindowの打ち込み時のカーソル飛びがなくなったみたいで(ここまで打ち込んで不具合なし)それだけは良かった。

【レスポンス】
上記の絡みで悪評価にXperia Z2 SO-03F
【メニュー】
ホーム右横、今までの機種は三本線、そこからメールの時やインターネット使用時、よく使っていたので不慣れ感もあるのかついつい押してしまう。そこにあったものがこの機種になって、右の一番上の隅っこにあるため片手で手が届かずストレス
【画面表示】
キレイだと思います

【呼出音・音楽】
パズドラをやっていて気付いた
音量がおかしい。消音から一つ音量上げただけでうるさい。その真ん中の音量が欲しい。
そして効果音の音のばらつきハンパない。夜中は消音にするしかなくなってしまった。
【バッテリー】
あの悪評高い富士通より悪いかも
【総評】
SHARPと富士通ばかりをずっと機種変してきてずっと敬遠してきたSONYを何となく気分転換に購入した
音量の不満はあるが音楽を聴いた時、SHARPや富士通よりやはり優れてるなと感じた
ただ、それ以外は不満ばかりが残った。
重たいし。大きいし。賢くない。
恐らくもう二度とSONYに機種変しないなと思った。

追記。
変なバイブ。唸ってる。

アイコンチェンジャーのアプリを取った
一段一段画像取得に時間かかりすぎ。通信環境はバッチリなのに。
ガラケー並みの重たさ。(SHARP、富士通と比べての感想)

追記2。
結局3日で売りに出しました。

T-01C→F-10D→T-02D→SO-03F

6月に機種変更し約一か月間使用しています。

iPhoneにしようか迷いましたが、電池持ちなど今までの機種に比べ

改善している様子でしたのであえてandroidに機種変更。

F-10Dで懲りたので、富士通製は二度と買わないと決めています。


☆発熱と充電

   過去に使っていた中で発熱による充電停止やカメラ機能の停止などがひどかったですが、

   今回の機種では初夏とはいえ直射日光の中でも発熱による充電停止はありません。

   唯一カメラで40枚ほど連写した時に発熱しカメラ機能が停止しました。

   車載充電器で充電しながら、ナビもしくはデザリングをしても充電しつつ発熱による停止もなく使えます。

   もちろん充電もされます。

   電池持ちがAQUOSphoneにくらべ劣るのかもしれませんが、

   過去に使っていたものに比べ格段と改善されていて、今までに比べ充電の頻度が減り

   バッテリー残量を気にするストレスがほとんど無くなりました。


☆フルセグ・ワンセグ

   テレビはいちいちアンテナを持ち歩くことができないので使えません。
  
   アンテナ無しでは視聴できませんでした。


☆ブラウジング

   前機種では閲覧中にエラーが発生することがあり、ブラウザが閉じてしまう現象がありましたが、

   この機種に変えてからは(1~2度あったか?)ほとんどありません。


☆ゲーム

   ゲームをしていると発熱はありますが、充電不良や高温による機能制限は出たことがありません。


☆不便なところ

   文字変換の予測などがかなり使いづらい。

   間違った変換や予測があまりマッチしないことが多く感じます。

   この機種を使っていて一番不便なところと感じます。

Xperia Z2 SO-03FWi-Fiを通してPanasonicディーガHDDレコーダーに録画された番組を視聴することができません。再生が、すぐに止まってしまいます。T-02Dでは問題なく再生できました。


☆便利な機能

   ワイヤレスでパソコンと繋ぐ機能が大変便利。

   パソコンとの設定も複雑ではなく使いやすい。

   AC充電しながらパソコンのエキスプローラからアクセスすることができて満足。

   カメラで撮影した動画形式はMP4でパソコンでも扱いやすく良い。


☆面白い機能

   カメラの機能にエフェクトやタイムシフトなど便利で面白い機能がついている。
   


☆本体の形状

   薄型でケース無しでは持ちにくい。使っていて落としそうで不安。

   docomoショップにて購入したソフトケースを使用し持ちやすくなった。


☆全体評価

   
   電池持ちでAQUOSと悩みましたが、多少は劣るものの満足。

   画面は大きいと感じましたがすぐに慣れてポケットにも入るし問題無し。

   むしろ大きくなって見やすいし満足。

   サクサク感も問題なく、エラーはほとんど無くノンストレス。

   iPhoneと悩みましたが、この機種にして良かったです。


価格comより引用


Xperia Z2 SO-03Fの価格と月々サポート、運用費・最低維持費 新規・機種変更・MNPの場合



2014年docomo夏モデルとしてSONYのXperiaシリーズより最新モデルとなるXperia Z2 SO-03Fが5月24日に発売される。

前モデルとなるZ1からはほんの少しデザインが変更され、CPUにSnapdragon801を採用しスペックアップが図られている。

前モデルからの変化も大きくなく発売スパンも短いにも関わらず、既に初回分の予約に達し予約受け付けを締め切っているところもあるようで、その根強い人気が伺える。

Xperia Z2 SO-03Fの本体価格は85,320円。分割支払い・24回払いの場合は3,555円×24ヶ月となる。

月々サポート
5月24日の発売時点の月々サポートは以下の通り。docomoの場合、時期や施策変更によって月々サポートに変更が入る場合が多いため、発売からしばらく経っている場合は公式オンラインショップ等で正確な数字を確認しておいて欲しい。

   月々サポート
機種変更 1,620円(×24=総額38,880円)
新規 1,620円(×24=総額38,880円)
MNP 3,105円(×24=総額74,520円)
Xperia Z2 SO-03FはMNPですらも実質0円にはならないようだ。同時展開する「ファミリー特割」や「おかえりボーナス」といったキャンペーン施策を使わない限りは、月サポを利用した実質0円契約はできなくなっている。実質価格はフラット定額プランを2年間維持した場合に想定されるもの。


フラット定額による運用費
まずは通常のフラット定額プランに加入した状態での運用費を計算してみたい。一般的なスマートフォンの利用方法で一体いくらからの運用になるのかを計算している。オプション加入をしていない状態での最も安い組み合わせで計算しているため、加入オプションによっては1,000円~3,000円ほど運用費が値上がりする場合がある。

なお計算するプランは2014年6月から始まる「カケホーダイ」新プランと8月まで受け付けをしている旧プランとなる「Xiプラン」の両方で計算をしている。基本的に一ヶ月の間に40分以上通話をしないという利用方法ならば、基本料金が3,000円近くなる「カケホーダイ」新プランは割高となる。そのためネットを中心にデータ利用が多い使い方ならば、旧プランの選択をした方がいいだろう。一応ここでは新旧両方のプランでフラット定額プランを利用した運用費を出してみた。

旧プラン
   機種変更    新規    MNP
タイプXiにねん 802円
spモード 324円
Xiパケ・ホーダイ フラット 6156円
月々サポート ▲1620円 ▲1620円 ▲3105円
合計(本体代一括購入時) 5662円 5662円 4177円
分割本体代 3555円
合計(本体分割購入時) 9217円 9217円 7732円
計算式にはXiパケ・ホーダイ フラットを使っているが、もっと安く済ませたい場合はXiパケ・ホーダイ ライトを選択するのも手だろう。3GBの通信量で速度制限が入るものの、およそ1,000円近くパケット定額プランを節約することができる。MNP施策である「ドコモにのりかえ割」がいつの間にか終了していたので、MNPでも大して安くならなくなってしまっている。


新プラン
   機種変更    新規    MNP
カケホーダイ(スマホ/タブ) 2916円
spモード 324円
データMパック 5400円
月々サポート ▲1620円 ▲1620円 ▲3105円
合計(本体代一括購入時) 7020円 7020円 5535円
分割本体代 3555円
合計(本体分割購入時) 10575円 10575円 9090円
※「ファミリー特割」「プレミア10年特割」適用でそれぞれ10,000円分の月サポあるいはポイント付与キャンペーンあり。

新プランでは選択するプランによって料金が大きく変わるが、ここではまず独り身向けのパケット定額プランである「データMパック」を利用した料金を計算してみた。独り身向けはこの他に2GBで速度制限が入るものの1,500円ほど安くなる「データSパック」も用意されている。メールや地図などの参照程度の利用であれば、データSパックでも十分だろう。

続いては家族向けに用意されたパケットシェアのプランでも計算している。基本料金の部分は変わりないためパケット定額プランのところから計算をしてみた。

シェアパック10 10260円
月々サポート ▲1620円 ▲1620円 ▲3105円
合計(本体代一括購入時) 11880円 11880円 10395円
分割本体代 3555円
合計(本体分割購入時) 15435円 15435円 13950円

新プラン(子回線)
シェアパックに加入すると代表回線の料金こそ高くなるものの、「シェアオプション」を利用して家族の回線が500円でシェアパックで契約したデータ量をパケット通信に分け合えることができる。

そうした場合の子回線となる家族回線でXperia z2 SO-03Fの運用費は以下のようになる。

   機種変更    新規    MNP
カケホーダイ(スマホ/タブ) 2916円
spモード 324円
シェアオプション 540円
月々サポート ▲1620円 ▲1620円 ▲3105円
合計(本体代一括購入時) 2160円 2160円 675円
余剰月々サポート ▲0円 ▲0円 ▲0円
分割本体代 3555円
合計(本体分割購入時) 5715円 5715円 4230円
新プランにおける月々サポートで余剰分が出た場合は、親回線への割引に充てられる。ただしXperia Z2 SO-03Fにおいてこの「カケホーダイ(スマホ/タブ)」のプランでは余剰分は生まれないようだ。月々サポートを使って安くするためにはデータプランを利用する必要がある。



最低維持費
ついでにXperia Z2 SO-03Fを購入後、回線を寝かしたい場合の最低維持費について計算してみたい。

最低維持費についても新旧両方のプランで出してみたいが、どちらもデータプランでの計算となる。旧プランでは「寝かす」に留まった最低「維持」費になるが、新プランだと利用することもできる最低「運用」費と、その内容が大きく異る。既存のdocomo回線を持たない人は旧プランで寝かし、既存のdocomo回線を持ち新プランでフラット定額プランへ加入予定ならば、シェアオプションを使って激安運用が可能になる。

旧プラン
   機種変更    新規    MNP
Xiデータプラン2 にねん 2571円
月々サポート ▲1620円 ▲1620円 ▲3105円
ユニバーサル料金 3円
合計(本体代一括購入時) 954円 954円 3円
分割本体代 3555円
合計(本体分割購入時) 4509円 4509円 3558円
旧プランではXiデータプラン2 にねんを利用、かつMNP&一括購入した際に3円維持が可能になる。通信通話はできず3円で寝かせるだけのプランになる。

新プラン(データ・シェアオプション)
   機種変更    新規    MNP
データプラン(スマホ/タブ) 1836円
spモード 324円
シェアオプション 540円
月々サポート ▲1620円 ▲1620円 ▲3105円
合計(本体代一括購入時) 1080円 1080円 0円(3円)
余剰月々サポート ▲0円 ▲0円 ▲405円
分割本体代 3555円
合計(本体分割購入時) 4635円 4635円 3558円
新プランでは子回線かつデータプランという組み合わせになると、月々サポートを使って通信料を安くすることができる。こちらはspモードを付けることで通信&親回線のシェアパックを利用できる。MNPかつ一括購入の月サポ回線では親回線が必要ではあるものの、ネット通信可能な3円運用が可能になる。月々サポートも余るため親回線の負担を少なくすることも出来るだろう。


以上の計算は5月24日発売時点のキャンペーン・価格を利用して算出している。「U25応援割」や「ずっとドコモ割」などの割引は適用させていないので、対象の人ならばもう少し通信費は安くすることができるかもしれない。各自購入する際には月々サポートの変更やキャンペーン適用の有無、定価の変更等で実際の維持費に変更が入っている場合があるため、参考程度の数字として見てもらいたい。


価格comより引用  http://kakaku.com/

  • 最終更新:2014-08-06 23:46:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード